注文住宅
「快適」の3ポイント

「こだわり」「自然・性能」「コスト・保障」の3ポイントを重点におき、お客様の希望に沿ったオリジナルの住宅の設計・建築を行なっております。

01.こだわりの「快適」

視線を気にせず光と風を感じる空間や、ガレージのある空間や大好きなものをコレクトするための趣味の部屋、ゆったりとくつろぐための空間を確保するための収納スペースなどアーバンハウスではお客様ひとりひとりの「こだわり」を取り入れたデザインを提案します。

・家族との団欒と使いやすさを追究したキッチンプラン(家族の顔が見えるアイランドキッチンなど)

・調理家電の配慮も考慮したカップボード

毎日のリフレッシュ空間を「広い」デザインに設計し「リラックス」できるバス&サニタリー。 (部屋干しとして洗濯する際に便利/湿気がこもらずカビを防ぎやすい→多機能)

「永く住まう」をテーマに、「今」と「将来」を考えた拡張性のある設計を考えます。
新築・リフォームともにお部屋の仕切りをアジャスタブル(調整できるよう)にする、等。

維持管理を重視したシンプル&個性的なデザインをご提案いたします。

趣味も料理もとことん楽しむ広々としたお家

ピアノ装飾を施した上質の対面キッチンと腰かけてダイニングと応接間で賑やかに楽しいひとときを過ごせます。また、まとまったLDは料理する人を一人にせず、キッチンからは家族の顔が見渡せます。

  • 面積:199㎡
  • 坪:60坪
  • 家族構成:4人家族(夫:41歳、妻:35歳、長女:中1、長男:小5)

造り付けのカップボードとキッチン収納がしっかり。

リビングに隣接する応接室は趣味のピアノやお父さんたちのお酒の会合に。

趣味・仕事に疲れた体を癒す、1621ワイドの広い浴槽。

02.自然・性能の「快適」

光の入る空間設計・省エネ・断熱・耐震・耐火など快適で安全な家づくりが大切です。断熱・省エネなどによりエネルギー消費量の収支がゼロになることを目指したZEH住宅や、税金優遇の対象にもなる長期優良住宅などアーバンハウスでは様々な角度からご提案いたします。

太陽光が差し込む方角・風の吹き抜ける進路を考えた間取りをご提案

外気の影響に左右されず、なおかつ、密閉されない室内空間を構築します。冷暖房費が減らせるなどコストを抑えたプランを考えます。

断熱・省エネ・創エネによる年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロ以下となるZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)住宅は、政府目標として2020年までに新築する注文住宅の半数以上で実現を目指している。

地震に耐えられるようにした耐震構造・制震構造、火災が発生してからの延焼などを防止するための耐火構造などを考えます。

光と風をふんだんに取り入れた自然の家

リビングを通って子供室へ上れるようにオープン階段を採用。階段からふんだんに取り入れた光と、北側から入る風を利用した設計で明るく快適な空間へ。

  • 面積:
  • 坪:
  • 家族構成:

吹き抜けの壁と天井には壁紙は使わず木製パネルを使用。

廊下も、バルコニーの採風ドアから北側の窓まで一直線に風が抜ける。

この窓からの光が吹き抜けを駆け抜けLDKを明るくします。

 

03.コスト・保障の「快適」

家づくりにおいて無視してはいけないのが「予算」です。10月からの消費全増税に伴う支援策があり、お客様にとってお得なケースがある場合があります。土地探しから施工まで、お客様のライフプランに合わせた納得のいく資金計画をアドバイスいたします。無料お見積りも対応しておりますのでお気軽にご相談ください。

予算を出すのに何より大切なのは、「月々いくらなら返済していけるのか」を知ることです。ここを軽く考えてしまうと、せっかくの新居を建てても、毎月の返済に苦しんでしまい楽しい暮らしとは程遠くなり「こんなはずじゃ…」といった状況に陥ってしまいます。無理のない住宅ローンを考えましょう。

消費税10%になり負担が増える….だけではありません。実は、10%になるとさまざまな支援策があり、増税前よりお得になるケースがあります。

マイホームやリフォームの実現には様々な法律の制約や、また所得税の減税処置、住宅瑕疵担保履行法など、建築主として知っておかなければならない法律や制度があります。

築30年ぐらいで建て替えるのではなく、長期にわたり住まいを良好な状態に保てる住宅で、国の認定制度があります。住宅ローン控除などの税金優遇の対象にもなります。

リフォーム・旧家再生

多くの再生工事を実績として経験し、施工主様の悩みや住まいの問題点を解消し、喜びに変えてきたからこそできる発想や技術、さらには住まいの風格を損なわない利便性の追求など、次の世代へ責任を持って継承できる再生リフォームをご提供します。

古民家の情緒が残る個性豊かな家

古民家の特徴である小屋梁を活かしつつ、格子戸やインテリアなどお客様のご要望に合わせてバリの客室を思わせる内装へとリノベーション。
  • 面積:
  • 坪:
  • 家族構成:
昭和31年の梁をそのまま使用。

お子様が選ばれたカラフルな壁紙を施工

バリの夜空を思わせるミッドナイトブルーな寝室。